審査に通るためには一定の基準を満たすことが必要

消費者金融の審査に通るためには、一定の基準を満たさなければいけません。満たすことが難しいというわけではありませんが、自分の属性が消費者金融の審査で有利になることもあれば不利になることもあるため、その点はあらかじめ理解しておきましょう。

まず年齢ですが、審査に通りやすいのは60歳未満です。公務員だったり社会保険などの福利厚生がついている企業に勤務している人なら、とても借りやすいですね。一方、会社勤務をしていても零細企業で保険が国保だったり、自営業という人は借りにくくなります。また、アルバイトやパートなどは収入が安定していないという理由で、審査を受ける際には不利ですね。

独身だとお金を借りられない?

消費者金融の審査では、こんなところまで関係するの?とビックリするような部分もしっかりと審査対象となることが多いです。例えば、住宅ローンをすでに数年間払い続けている持ち家に住んでいる人は借りやすくなりますが、賃貸アパートや貸家などは、審査においては不利になります。また、引っ越ししたばかりという人も不利なので賃貸の人は最低でも1年以上住んでいる状態で消費者金融の申し込みをしたほうが良いでしょう。

独身者も、既婚者と比べると審査には不利です。これは責任という部分の審査で、独身だと絶対に審査落ちするというわけではありませんが、既婚者の方が審査には通りやすくなります。

メニュー