年収は高ければよいというわけではありません

消費者金融の審査では、年収が低いことは審査落ちする理由の一つになる可能性はあります。しかし、いくら年収が高くても収入が安定していない人は審査落ちしやすく、自営業で年収がたくさんあっても消費者金融の審査に通りにくいというのは、そのためです。

年収に自信がなくても正社員として働いていて、毎月安定した収入を持っていることは、消費者金融からお金を借りるうえではとても大切な要素となります。

年収いくらなら借りられる?

しかし、いくら正社員でも年収が低すぎるのは審査落ちの対象になりやすいのもまた事実です。具体的にどのぐらいの年収が「低すぎる」と診断されるのかはその地域によって多少の差はありますが、目安としては年収100万円以下だと、消費者金融の審査に通ることはかなり難しいでしょう。

年収200万円で正社員として働いている場合には、借入希望額によっては審査に通ることは可能ですが、決して審査の際に有利となる年収ではありません。そのため、まとまった金額をカードローンなどで借りることは難しいかもしれませんね。目安としては、新入社員のお給料を考えてみて、その金額よりも高ければ、他に問題がなければ審査には一応通るラインかなと考えることができます。

年収が300万円以上あっても、他社からの借入がある場合には、状況によっては消費者金融の審査に通ることはできません。この場合、年収に問題があるわけではなく他社からの借り入れ状況に問題があるので、完済したりおまとめローンなどにしたりすることで対応すると良いでしょう。

メニュー